生産体制

一貫生産システム

YAMADAの技術開発は製品だけにとどまりません。ものづくりにおける独創力は、あらゆる工程に発揮されています。製品開発では、要求される強度や振動などの条件を最適化するための「構造解析」、金型開発では、アルミ鋳造製品の金型内での溶湯の流れをシミュレーションする「流動解析」、溶湯の凝固過程をシミュレーションする「凝固解析」などの最新手法を用いて競争力のある製品を生み出しています。また、製品と共に設備、金型、治工具においても自社内で開発、設計、製造することで、より競争力の高い製品を効率よく生産する体制を構築しています。これらの体制によりすべての工程に責任が持てる高いクオリティの製品を提供しています。

  • 生産ライン紹介

    YAMADAの主要機能部品は塑形材成形から加工・組立までを一貫生産し、高効率・高品質を実現しています。

  • 生産設備開発体制・
    金型開発体制

    設備設計技術を活用し、ハードからソフトまで自社内で開発を行っています。

  • 品質保証体制

    YAMADAは国際品質認証を取得、ALL YAMADAの総力を結集し品質向上に努めております。