開発領域

『先進・創造・スピード』で新たな魅力ある商品をご提案

YAMADAは、『先進・創造・スピード』を合言葉に、多様化・高度化する市場のニーズに応えるため、常にお客様の視点に立った商品企画、技術開発に取組み、お客様へ価値の高い商品をご提供できるよう、技術の最先端を目指してチャレンジし続けます。

研究開発

YAMADAは、世界4拠点にR&D機能を配置しています。統括機能を開発本部(日本)に置き、北米、中国、ア大 各拠点のR&Dは、当該地域の特色やお客様ニーズに応じた仕様開発および現地量産立上げのバックアップを担っています。

  • 開発本部(伊勢崎本社)
  • 中国開発拠点
  • 米国開発拠点
  • ア大開発拠点(タイ国)

製品設計

開発フロントローディングにより、品質、性能、コストを高い目標で実現出来るよう製品開発に取り組んでいます。

解析技術

CAEを活用したフロントローディングによる開発期間短縮や課題解決のために様々な解析を行っています。

  • 1次元・3次元 流体解析

    オイルポンプの油圧特性解析(1D)、ウォータポンプの性能解析(3D)活用で、試作前の設計精度向上を実現

  • 構造解析

    製品企画段階の設計精度向上により、スピーディーな開発を実現

  • 騒音振動解析システム

    NV性能の要素解析により、静粛性に優れた製品を開発

  • 回転角速度変動付モータリングベンチ

    実機のクランク軸の回転角速度変動状態を再現し、ポンプの騒音、耐久性を評価

試験装置

各種専用の試験装置を製作し性能・耐久試験を実施しています。

ポンプ 試験装置

  • オイルポンプ耐久試験機
  • オイルポンプ リリーフバルブ耐久試験機
  • ウォータポンプ性能試験機
  • ウォータポンプ耐久試験機

ステアリング コラム 試験装置

  • 回転トルク試験機
  • 捩り耐久試験機
  • 実車ジオメトリ試験機
  • 衝撃試験機
  • 泥水耐久試験機
  • 大型恒温槽 (-40℃~+120℃)
ページトップへ